ビタミンC誘導体5つの効果(ニキビ、シミなど)

おでこや鼻のまわりなど、顔の目立つパーツにできやすい肌トラブルにニキビがあります。

ニキビは1度できてしまうと完治するまでに時間がかかる上に、肌のくすみやシミとなって残りやすいという特徴があります。

さらに1つだけではなく複数できやすいのも厄介なポイントです。

 

そんな時におすすめの美容成分が、ビタミンC誘導体です。

ビタミンCが肌に良いことは有名ですが、そのまま肌につけても浸透しにくいという欠点がありました。

その欠点を改良し、化粧水やクリームに配合しやすくしたのがビタミンC誘導体です。

 

ビタミンC誘導体がニキビケアにおすすめの理由は、5つあります。

1つ目のポイントは、皮脂分泌をコントロールできるところです。

皮脂の分泌を抑えることで、毛穴に汚れが詰まることを防げます。

2つ目は消炎症作用があるということです。

そのため、肌の赤みを抑えたり、痛みを緩和する効果が期待できます。

さらにビタミンC誘導体にはコラーゲンの生産能力をアップさせる働きがあります。

これにより肌の水分量が増し、皮脂とのバランスが整うと同時に、肌の新陳代謝をアップさせることができます。

ですので、ニキビ跡はもちろん、シミやくすみのケアに効果的なのが3つ目のポイントです。

4つ目の特徴は、毛穴を引き締める効果があることです。

これにより毛穴の奥に汚れが入り込むのを防ぐことができるので、肌トラブルが起きるのを防ぐ効果が期待できます。

最後は、メラニン色素の抑制と色素沈着の還元です。

これはシミやそばかすをケアすることのできる、優れたポイントになってきます。

 

こんなビタミンC誘導体の濃度が高く効果が期待できるのがプリモディーネです。まずは、その愛用者の口コミをチェックしてみては…

コメントを残す