首イボができる原因と対策について

気がつくとできているのが首イボです。

首イボが出来る原因は、ウィルスによるものと、腫瘍によるものがあります。首にできるイボの多くが腫瘍であることが多いですが、ほとんどの場合良性のもののため健康に影響はないと考えられています。

具体的に良性の腫瘍ができる原因としては、紫外線や摩擦などのダメージと皮膚の老化によって引き起こされるものだとされています。

老化することによって細胞が過剰に増殖してしまい、皮膚が盛り上がり首イボが出来るのです。そのため年齢が上がるにつれてダメージなどが受けやすくなり、年々増えていきます。

予防する対策としては、ウィルス性の場合には肌のバリア機能を保つようにして刺激を避けることが大切です。

規則正しい生活をして免疫力が低下しないように気をつけながら、保湿や油分の補充などを適切に行なっていくことが有効とされています。

加齢や紫外線のダメージなど肌への負担は対策するのが難しいものですが、なるべくダメージを極力抑えるためには外出するときには首まわりもしっかり日焼け止めを塗るようにします。首は汗をかきやすいため、日焼け止めも流れやすい部分のため汗をかいたらこまめに塗り直すようにしていきます。

なるべくウォータープルーフのものをつけるのが理想的ですが、肌が弱くてつけれないという場合にはなるべく首が隠れるような服を着たり、スカーフやストールを巻く、低刺激な日焼け止めを選ぶなどをしていくことが大切です。

あとは、艶つや習慣などの首イボクリームも効果的なので、首イボケア対策として取り入れてみるのも一つの手だと思いますよ。

参照:艶つや習慣の《辛口》な口コミ~使ってみたけど効果なし!?

 

 

コメントを残す